モバイルバッテリーとは何か バッテリー容量で充電回数が変わってくる?

モバイルバッテリー
ポケモンGOが流行し町中がスマホを持ちながら歩いている人が多いですが、

スマホでゲームをやるときに気になるのが、

携帯の充電ですよね。

ゲームに集中しているといつの間にか、充電が減っていてスマホで連絡しないといけないのに充電が少なくて電話ができない。

スマホで調べたいことがあるのに充電がないって困ることないですか?

そんな、スマホの電池がなくて困ったときに考えるのがコンセントからの充電ですが、
外出しているとなかなかないんですよね充電できる場所が。

また、充電器も持ってないことが多い。

そんな、スマホの電池がなくなったり、充電に困ったときに便利なのがモバイルバッテリーです。

モバイルバッテリーといっても、価格もいろいろありバッテリー容量によりスマホの充電回数も変わってきます。

今回は、スマホの電池切れに困らないようにモバイルバッテリーの選び方をご紹介します。

スポンサードリンク

モバイルバッテリーとは何か

悩む
モバイルバッテリーとは、スマートフォンやタブレットの電池を充電したいときにコンセントにつなげずに、電池を充電できる機械になります。

モバイルバッテリーに充電しておいて、スマホやタブレットの充電がなくなりかけた時にモバイルバッテリーにつなげばコンセントがなくても充電ができるんです。

そのモバイルバッテリーにも、充電ができる容量が違うや、充電方法の違い、
など色々な種類がありますが、

充電方法は,2種類あります。

1つは、リチウムイオンなどの本体内部に搭載された充電池に充電するタイプで、
コンセントで充電しなんども使用することができます。

もう一つは、乾電池を使い充電するタイプです。
充電すると乾電池の電池がなくなるので電池を交換して使います。

頻繁にスマホに充電が必要な人は、充電式の方が便利ですよ。

モバイルバッテリーの容量と充電回数の違いは?

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーにはそれぞれ充電ができる容量が変わってきます。

その充電できる容量により、持っているスマホやタブレットへの充電できる回数や、
タブレットに使用できないなどがあるので確認が必要です。

バッテリー容量はmAhで表示されており、
容量が多い方がいろんな機器を充電することができ回数も多く充電できますが、

重量が重くなったりするので、
充電したいスマホやタブレットの1回の容量がどれくらい必要か調べてから、用途にあったモバイルバッテリーを選びましょう。

最近のスマホとタブレットのバッテリー容量一覧です。

iPhone 6 1,810mAh
iPhone 6 Plus 2,915mAh
iPhone 6s 1,715mAh
iPhone 6s Plus 2,750mAh

iPad Air 8,773mAh
iPad mini 4 5,124mAh
iPad Air 2 7,365mAh

Xperia X Performance 2,570mAh
Galaxy S7 edge 3,600mAh

こちらが容量一覧になるのですが、
バッテリーからスマホやタブレットに充電するときに電圧変換により変換時に電気がロスするので、
充電器の6割~7割が充電できます。

ざっくりとした計算になりますが、
モバイルバッテリーが 10,000mAhの場合、iPhone 6s Plus 2,750mAhを充電しようとすると、
10,000 × 0.6 =6,000
6,000 ÷ 2,750=2.18回 位になります。

持っているスマホにより、充電回数が変わってくるので容量は大事になってきます。

これからは、スマホやタブレットを使う機会がどんどん増えてくるので、
大容量のモバイルバッテリーが人気になっています。

スポンサードリンク

モバイルバッテリーの出力電流でタブレットが充電できないことも

チェックポイント

モバイルバッテリーを購入時には、容量ともう一つ確認するべきことが、
出力電流です。

出力電流とは、モバイルバッテリーからどの程度の強さで電流を出力できるのかを表しており、
出力電流の数値が高い方が充電時間が高速で、タブレットなどの端末も充電できるようになります。

タブレットを充電する場合には、2A以上の出力のモバイルバッテリーを選びましょう。

タブレットはスマートフォンよりも内蔵しているバッテリーが強力なので出力数値が高くないと充電できません。

モバイルバッテリーの選び方まとめ

これからは、スマホやタブレットの使用回数もどんどん増えていき、端末を使用するための電池が大事になってきます。

その電池を充電できるモバイルバッテリーはこれからの必需品になってきます。

モバイルバッテリーを選ぶときには、自分が持ってっているスマートフォンやタブレットがどの位容量があるのかにより必要なモバイルバッテリーの容量が変わってきます。

10,000mAhの大容量なモバイルバッテリーが人気になってきています。

また、容量と大事なのが出力電流になってきます。

タブレットでモバイルバッテリーを使うときには2A以上のものを選びましょう

スポンサードリンク

コメントを残す

*